ポイント制のセフレ出会いサイトは、メリットだけではない。
例えは、利用者に利用回数を増やさせたり、一回の利用料金を高額に設定して置いたりなどである。

 

ポイント制のセフレ出会い系サイトのデメリットを説明する。

 

ポイント制と云うのは、利用者が、初めにポイントを購入しておき、そのポイントを使用しながらサービスを利用するというものである。
必要となったときにポイントを利用するため、定額制のように、一定期間を定額で利用できるものではない。
また、成功型のように、成功という目標達成により料金が発生するものでもない。
そのため、結果が出ていないにもかかわらず、多額の料金がかかる可能性をはらんでいるシステムであるということが出来る。

 

多額の料金を利用者に出させる方法とは、例えば、利用者に利用回数を増やさせたり、一回の利用料金を高額に設定して置いたりなどである。
利用者に利用回数を増やさせる方法というのは、具体的には、一回のメールですむような内容を3回や4回に分けて聞くとう方法である。
このように、利用者に送信回数を増やさせて、ポイントを沢山使用させようとするのである。
これは、運営側が、サクラを雇って行わせている場合が多い。

 

また、1回の利用料を増やす方法としては、送信にかかるポイント数を優良サイトの5倍から10倍くらいに跳ねあげておくという方法である。
このような方法をとっていたら、利用者がだれもいなくなるのではないかと思うかもしれない。
しかし、このような方法により運営しているセフレ出会いサイトは、料金メニューを表示しないと云う方法や、送信以外は無料で利用可能と云った方法により、利用料が高額であsるということを分かりにくくしているのである。

更新履歴